マザーシップ コミュニティ・スペース 石原眞澄の アートフォト&フォトセラピー・ワークショップ
三線(沖縄三線)教室・二胡教室・ボイス・パフォーマンス講座・ビジュアル・クリエイター向け通信講座 マザーシップ


全日程終了しました
石原眞澄の
アートフォト&フォトセラピー・ワークショップ


〜 アートフォトで自分・新発見! 〜


写真表現により自己を発見し、本来の自己を取り戻していく
表現療法「フォトセラピー」をベースにした
表現の源である「自分」を見つめていく、新タイプのワークショップです。

記録写真の枠を超えて、楽しく自由にアート写真を製作し
皆さんお一人お一人にとっての「表現すること」の意味を感じながら
その大切さを体験していきましょう。



The Creator Gloria Imaginative Power The Light


撮影には主にポラロイド・ピンホールカメラを使用します。
「ピンホールカメラ」は、カメラの原点の姿であり、独特の質感表現ができます。

今回使用するポラロイド・ピンホールカメラは、撮ったその場ですぐ見ることが
できるポラロイドフィルムとピンホールカメラとが組み合わさったものなので
さらにその楽しさは倍増します。

既成の写真撮影の常識を超える、自由で想像力豊かな写真体験を
どうぞお楽しみください。

写真撮影のご経験の有無は問いません。カメラ初心者の方もぜひご参加ください。

写真を撮りたい人はもちろんのこと、
何か表現したい人、表現に行き詰まっている人、自分を変えたい人にお勧めします。




講師の石原眞澄さんからのメッセージです。

自分のこころを見つめたとき、「何か表現したい!」という秘めた思いがありませんか? 
私たちは、誰もが生まれながらの表現者です。
表現するのに特別な才能が必要というわけではありません。
こころにわいてくる「感情」のエネルギーを用いて、自然に「自分」を表していけばよいのです。

世界を豊かに感じ、自由に表現していくことができるようになると、
人は驚くほど生き生きと輝きはじめます。
表現することこそ、生きていくことそのものだからです。

そのためには、まず自分を知ることが大切です。
写真表現は、自分らしい視点でものをみていくうちに、本当の自分に出会い
自己発見につながっていくという素晴らしい面を持っています。

好きなものを探していくプロセスで、誰もが自分の可能性を知り
さらにそれを広げていくことができるのです。

また、写真表現は、撮影テクニックを学ぶまえに
楽しくワクワクする思いを知るということに力点をおいてみると
形として写るもの以外に、実は自分の心がそこには表現されているということにも気づきます。

このワークショップでは、写真を撮るうえで、テクニカルに「考えること」ではなく
「感じる」ことを大切にし、自分の心に目を向け、
自分の可能性を再発見していくということをコンセプトにすすめていきます。

ぜひ皆さんご一緒に写真を楽しみましょう!



講座はこんな感じです。
ピンホールカメラの仕組み
について学びます
近くの公園で、撮影の練習
です。チャレンジ!
みなさんの作品を全員で
みてみましょう。
好きな作品を全員が投票!
意外な発見が...
今日は新宿御苑で撮影。
先生にどんどん質問。
白い花にひかれて、まずは
1枚撮ってみます。
大木から温室の植物まで
いろんな被写体を撮影。
撮影時間終了。この後は
近くのカフェで講評会。

講座内容

写真を撮り、自由に表現することで、感情を豊かにし、生き生きとした本来の自分を取り戻していく表現療法「フォトセラピー」のグループワークをベースに、一般的な作品評価や判断ではなく、全てを肯定する環境の中で自由な表現体験をしていきます。

思い込みやとらわれから自分を解放し、自分の中に眠る可能性を、表現することでどんどん呼び覚ましていきます。作品表現が肯定され、自分自身のことも肯定できるようになると、真の自信が生まれ、生きる力が強化されます。

全6回の流れは以下の通りです。直感的に感じるものがあったら、ぜひご参加ください。


カリキュラム

1.感じることからはじめよう
  〜 自分を楽しんでいますか? 〜

2.写真は心で写すもの
  〜 テクニックはあとからついてくる 〜

3.写真は、コミュニケーション
  〜 新しいことにチャレンジ 〜

4.得意なこと、苦手なこと
  〜 ありのままの自分を大切にしょう 〜

5.写真が語るもの
  〜 こころが写し出しているもの 〜

6.なりたい自分になろう!
  〜 楽しさのなかに可能性がみえる 〜

ポラロイド・ピンホールカメラとは?

「ピンホールカメラ」とは、レンズを使わず、針の先のような小さな穴(ピンホール)から暗箱に射し込む光の像を撮影するカメラです。カメラに入る光量が極めて少ないため、露光時間が長くなります。優しいアンシャープな画像が特徴です。ポラロイド・ピンホールカメラは、ポラロイドフィルムならではの即時性や手軽さが加わり、ピンホール写真の楽しさを大きく広げました。「写真を創作する」よろこびをぜひ味わってみてください。



●石原眞澄(いしはら ますみ)先生のプロフィール


写真家、フォトセラピスト、ヒプノセラピスト。
成城短期大学卒業後、武蔵野美術短期大学でデザインを学ぶ。
スタジオアシスタントを経て、カナダ人写真家ケン・スレイトン氏に師事、
後にフリーランスフォトグラファーになる。1996年から毎年グループ展などの写真展で主にモノクロファインプリント作品を発表。

2000年に自然の現象と人間の心の類似点をテーマに個展「永遠の水」を開催。
2002年、ピンホール写真に出遭い、以降独自の世界を追究。
2003年3月、東京・虎の門のポラロイドギャラリーにて
個展「MYTH OF LIGHT 光の神話」を開催。

また、写真を撮ることで自己回復した自らの体験をベースに、心理学分野の裏づけを行い考案した表現療法「フォトセラピー」のワークショップを実施し、表現することの素晴らしさを伝える活動も行っている。

JPA日本写真作家協会会員
米国催眠療法協会認定催眠療法士
日本トランスパーソナル心理学/精神医学会会員
日本トランスパーソナル学会会員

さらに詳しいプロフィールは下記のサイトをご覧ください。
http://www.artaira.com

著書:『光の神話 心の扉を開くピンホール・アートフォト』(誠文堂新光社)


|トップページ| |入会・受講案内| |各種講座一覧| |会場マップ| |イベント| |会社概要| |プライバシーポリシー| |リンク| |お問合せ|

◆デザイン・イラストレーションを制作いたします◆
詳しくは、みうらまなみクリエイティブルームのWEBサイトにて


copyright MOTHERSHIP All Rights Reserved.