マザーシップ コミュニティ・スペース 西須由紀の 絵本づくりワークショップ
三線(沖縄三線)教室・二胡教室・ボイス・パフォーマンス講座・ビジュアル・クリエイター向け通信講座 マザーシップ


全日程終了しました
西須由紀の絵本づくりワークショップ
「絵本をつくりたい」という気持ちを応援します!


子供のための絵本、大人のための絵本、自分が表現してみたい絵本を
楽しみながらカタチにしていきましょう。



絵は描けるのだけれど、旨い文章が書けない・・・
文章はけっこういいんだけど、うまく絵にならない・・・
面白いネタがあるのに「本」という形にならない・・・

「表現」に悩みはつきものです。でも絵本は楽しいから続けていきたい
と皆さん感じていらっしゃることと思います。

この講座では、まず「本」という構造の基礎を理解するところからスタートして
絵本づくりのイメージトレーニングを経て、最終的に各自が一冊の自作絵本を
完成するまでを目標とします。

講師の西須由紀さんが15年間のギャラリー運営を通じての
絵本の編集者や作家、イラストレーターの方々との交流のなかで感じてきた
「実践絵本学」をお伝えしていきます。

オリジナルの絵本をつくっていく過程で、自分の作品を
客観的な視点でみてみたり、読者の目線で見直してみることで
お一人お一人が、新たな糸口を見出していただければと思います。。



イメージトレーニングからはじめましょう。
「お弁当絵本」色々な黒丸
を描き、本仕立てにし、文
章をつけて発表。
「んぐまーま」という
谷川俊太郎さんの詩に
自由に絵を描ました。
ひとりひとりの想像豊か
な絵にみんなびっくり。
リラックスしたところで
いよいよ自作絵本のため
のアイディア出しです。
みなさん、1か月間で
オリジナル絵本の原画を
つくってきました。
いよいよ、製本。
作り方に入ります。
ページを間違わないよう
に確認してくださいね。
最終回は、作品発表会。
ドキドキ、ワクワク。


講座内容

1.魅力ある絵本に潜む共通項

2.イメージトレーニング

3.自作絵本のためのアイデア出しからラフ制作へ

4.綴じて確かめる・・・「本」という構造としてのチェック
 〜この後、約2ヶ月のなかで各自で本書きの課題に取組む〜

5.本書きとしての原画作成からダミー本制作へ

6.講評


●西須由紀(さいす ゆき)先生のプロフィール

1957年生まれ。ピンポイントギャラリー(東京・青山)主宰
主にイラストレーションや絵本の原画展などのジャンルを扱う。
15年間を通じて、556の展覧会、のべ人数にして1099人のアーティストの展覧会をプロデュース。
ギャラリー主催の絵本コンペ「Pinpoint Picture Books Competition」を通じて、若手絵本作家をサポートしている。
また、ギャラリーの場を利用して、製本ワークショップや木版ワークショップなどのプログラムも企画運営。

ピンポイントギャラリー http://www.pinpointgallery.com/



|トップページ| |入会・受講案内| |各種講座一覧| |会場マップ| |イベント| |会社概要| |プライバシーポリシー| |リンク| |お問合せ|

◆デザイン・イラストレーションを制作いたします◆
詳しくは、みうらまなみクリエイティブルームのWEBサイトにて


copyright MOTHERSHIP All Rights Reserved.