マザーシップ コミュニティ・スペース 津田博史の「アート・リテラシー」ワークショップ
三線(沖縄三線)教室・二胡教室・ボイス・パフォーマンス講座・ビジュアル・クリエイター向け通信講座 マザーシップ


全日程終了しました
津田博史の
「アート・リテラシー」 ワークショップ

〜 あなたの言葉でアートを語る 〜


話す、読む、書くことが、さらに楽しくスリリングになるように。


アートが発するメッセージをキャッチして
その感動を自分の言葉で表現してみましょう!

といっても、美術、美学、国語の時間とはちょっと違います。

絵画、映画、小説、音楽などを鑑賞した後
<言葉にできない感動>を味わったことはありませんか?

その感動とは、普通の言葉では表現できない
深い次元からくる新しいメッセージです。

このメッセージは、たんなる作品鑑賞を超えて
自分の人生そのものも変えることすらあります。

アート・リテラシーとは
「アートに関する読み書き能力」のことです。

絵画や文章、映画などを鑑賞しながら
フリーディスカッションや、ライティング(文章表現)をおこない
リテラシー能力の基礎を身につけていきましょう。

話す、読む、書くことが、さらに楽しくスリリングになるように。

講座では、ムンク、ウォーホル、大野一雄の文章、シュールレアリズム宣言
アウトサイダー・アート、スピルバーグやタルコフスキーなどの映画
各種の写真などをモチーフに使いながらすすめていきます。



講座内容

あなたはどう感じていますか?/あなたの着眼点はどこですか?

形式と構造を読みましょう/読むことは作ること。

ステレオタイプな見方ではなく/美しさとは何ですか?

無意識ととりくむ/異化作用

どう文章を組み立てればよいのか?/結論とはなにか?

アートの役割とは?

その他、シュールレアリズム(超現実主義)のオートマティズム(自動書記)/
ポーリン・オリヴェロスのソニック・メディテーション(瞑想的聴衆法)など
創作的ワークショップも加えながら行います。

心身から情報をとりだし、構成するプロセスを体感してください。


●津田博史(つだ ひろし)先生のプロフィール

映像と芸術書の専門出版社、フィルムアート社編集長

映画の新しい読み方を提唱したCineLessonシリーズ
芸術の新しい創造法を紹介したArtEdge、Practicaなどのシリーズを作る。

国際的に活躍する日本のアーティスト、大野一雄(舞踏)、川俣正(現代美術)などの本もてがける。

また、新しい芸術教育を推進する
P.A.E.(Projects for Arts and Education) の活動を行う。

著書:「生のアート」
翻訳書:ポーリン・オリヴェロス「ソニック・メディテーション」


|トップページ| |入会・受講案内| |各種講座一覧| |会場マップ| |イベント| |会社概要| |プライバシーポリシー| |リンク| |お問合せ|

◆デザイン・イラストレーションを制作いたします◆
詳しくは、みうらまなみクリエイティブルームのWEBサイトにて


copyright MOTHERSHIP All Rights Reserved.